31.7.11

la coopérative Terre de lin


"Terre de lin"協同組合へ工場見学に行ってきました。
ここは、収穫したフラックスから繊維をとりだす作業をするところです。
工場をあれこれ撮らせていただいたのですが、ここに載せていいのかは聞かなかったので、機械類の写真の掲載はやめておきます。

こちらで暮らしはじめたのは
そもそもリネンの繊維業界で働きたいと思ったからなのですが、
ここ最近、リネン作りの工程を見学できる機会が増えて思うことがあります。
"ものを作るのって、こんなに大変なんだな。"と、いうことです。
私が布地を手にするまでに、こんなに沢山の人の手がかかっていること
わかっていたつもりではあったけど、実は全然わかってなかったような気がします。
本当はすごく重かったんだなって、今になってようやく気がつきました。
工場の中は、機械音がすさまじく、埃っぽくて、
今こうして目をつぶってみてもくっきり出てくるくらい、焼き付いてしまいました。

自分が手にするものや、口にするものが、どうやって作られているのかを知ることは大事なことだと思った一日でした。

Je suis allé à la coopérative "Terre de lin".
Terre de lin a une usine de teillage.
Il y a beaucoup d'étapes pour arriver jusqu'au tissu.
C'est important de connaître toutes les processus de fabrication.

えにょなん
enyonam