20.4.16

サイズについてのお話

お客様から洋服のサイズに関するご意見をいただくことがありました。
今日はそのことについてお話させてください。

洋服は人が着用する道具ですから、どんなデザインであっても物体として美しいかだけでなく、着心地の良さを考慮すべきだと思います。
特別なドレスなど心地良さよりも美しさが最優先される場合は例外かも知れませんが、ENYOは日常で着るものなので特にそこを意識しています。

服を作るとき、平面作図でも立体裁断であっても必ずパターンを作ります。
パターンとは洋服の設計図です。
パターンを作成するにあたり、モデルとなる人、すなわちお客様の身体の各パーツの寸法や体型を把握する必要があります。
各社、ターゲットとするお客様の平均的な寸法と体型のサイズ設定をしています。
何も着用せずに採寸した身体のサイズに、シルエットやゆるみ分量を加えてパターンを作ります。

この "何も着用せずに採寸した身体のサイズ" をヌード寸法と言います。
Envelopeオンラインショップなどで、商品ページに書かれているサイズはヌード寸法にシルエットやゆるみ分量を加えてデザインを作った洋服の実寸です。
デザインによっては大きくゆるみを加えたり、例えば少し肩先を出すなどしてシルエットを作ることがあります。
ヌード寸法は各ブランドの基礎ですから、客層に変化があってという場合をのぞき、多少の変更はあっても 、今までお客様に愛されてきたブランドがこれを急に極端に変えることはあまりないと思います。

ENYOでは創業当初からヌード寸法の変更はしていません。
つまり、デザインによって大きめ小さめに作るものはあっても、想定しているモデルのサイズは変えていないということです。
ご自分に合うかどうかは実店舗で試着することが最適ですが、叶わない方も多いかと思います。
ネットショッピングの場合は着装画像をじっくり見て実寸を確認しながら、お手持ちのお洋服と比べて検討してください。
サイズ感は人それぞれ好みもあるかと思います。
ですから、こちらで平均とイメージしている体型とは違う方にも是非とも着ていただきたいです。

店頭スタッフやお客様の声に耳をかたむけ、 サイズ設定やデザインをしています。
ただ、どこを平均サイズと設定しても必ずしも全ての方に丁度いいとは限りません。
量産体制をとっていないので、サイズ展開を広げることもできないでいます。
できるだけ皆様のご意見を参考にし服作りに活かしたいと考えておりますので、どんな小さなことでも構いません、サイズやデザインで気になることがございましたら教えてください。
明日から、リネンバード北浜での催事が始まります。
実際に洋服に触れて、着ていただいて、お客様と作品たちの良き出会いがありますように。

長くなりましたが、どうしてもお伝えしたかったので書かせていただきました。
これからも末長くENYOを宜しくお願い致します。
 ENYO ソリアノ